【後悔しない為に】インビザラインのデメリットとは?

公開日:2021.10.26 更新日:2021.10.26

インビザラインは、透明なマウスピースを使った矯正治療です。今までの矯正と比べて目立ちにくい、自分で外せるなど多くのメリットがあります。一方で、対応できない症例もある、気軽に食事ができないなどといったデメリットもあるのです。

本記事では、インビザラインのデメリットやインビザラインで後悔しないための方法などについて説明します。

インビザラインとは

インビザラインとは、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発したマウスピースを使った矯正治療法です。それまでの矯正治療はワイヤー矯正が主でしたが、歯の表面に取り付けたブラケットとワイヤーが目立ってしまう難点がありました。
しかし、インビザラインで使うのは透明なマウスピースであるため、付けていることがほとんどわからないという大きなメリットがあります。

インビザラインのデメリット

インビザラインのデメリット6つ

今までの矯正と比べるとメリットばかりのように思えてしまうインビザラインですが、よいことばかりではありません。インビザラインのデメリットをいくつか紹介します。

1. インビザラインでは対応できない症例もある

インビザラインは万能ではなく、対応できない症例もあります。特に大きく歯を動かすのが苦手で、例えば元々の歯が少ない場合や歯並びが悪すぎる場合などには向いていません。

また、重度の上下顎前突(出っ歯や受け口)は、歯を動かすだけではなく外科的な手術が必要になるため、インビザラインだけでは対応できません。

2. マウスピースをつけるだけではない

インビザラインはマウスピースをつけるだけの手軽な矯正治療だと思っている方もいるかもしれませんが、そうではありません。

まず、歯の表面にはアタッチメントと呼ばれるプラスチックの小さな突起物が取り付けられます。これはマウスピースをしっかりと歯に密着させるためのものです。

また、歯の表面を少し削ることもあります。これは歯を移動させるスペースを作るためです。場合によっては抜歯することもあります。歯を動かすスペースがなければ、抜歯によりスペースを作らないといけないからです。

ワイヤー矯正と併用になることもあります。上述したように、症例によってはインビザラインでは対応できないことがありますが、ワイヤー矯正は対応できる幅が広いため、併用せざるを得ない場面があるのです。

3. 1日22時間以上装着し続ける必要がある

インビザラインは1日22時間以上装着しなければなりません。食事と歯磨きのとき以外はずっと付け続けるイメージです。インビザラインを取り外している時間が長いと、歯が後戻りしてマウスピースが合わなくなってしまうこともあります。

4. 気軽に食事できない

インビザラインでの治療期間、食事のときはマウスピースを外さないといけません。付けたまま食べるとマウスピースを傷つけてしまいますし、虫歯や歯周病になりやすくなるからです。食事が終わった後は歯磨きもしないといけません。

そのため、ちょっとつまみ食いといったことが難しくなります。調理師やパティシエのように仕事で味見をしなければならない方など、インビザラインでの矯正治療に向いていないケースもあるでしょう。

5. 噛み合わせが悪くなってしまうことがある

インビザラインで治療をすると、歯並びはよくなったのに噛み合わせが悪くなることがあります。よく見られるのはマウスピースの影響で奥歯が沈んでしまい、奥歯の噛み合わせが悪くなるケースです。この場合は、ワイヤー矯正で修正しないといけません。

6. マウスピースを自分で管理しなくてはいけない

インビザラインのマウスピースは自分で管理しなければなりません。決められた期間ごとにマウスピースを交換していかないとマウスピースが合わなくなってしまうこともあります。

また、外食や間食などで取り外したマウスピースを紛失してしまう可能性もあります。専用ケースに入れるなどして紛失しないようにしなければなりません。

インビザラインで後悔しないためには

これらのデメリットで後悔しないためにはどうすればよいのでしょうか。インビザラインで後悔しないためのコツを紹介します。

1. 信頼できる歯科医院を選ぶ

まず信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。多くの歯科医院では矯正治療について無料相談を受け付けています。そういった機会を利用して金額や治療内容など疑問点をしっかり解消して、信頼関係を築いておくことが大切です。

名古屋歯科のインビザラインGoによる矯正治療を見る

2. 治療中のルールを守る

デメリットでも挙げたように、インビザラインの治療では装着時間など守らなければならないルールがいくつかあります。それらはきちんと守りましょう。ルールを守らないと結局は治療期間が伸びてしまうばかりか、最悪の場合は治療が失敗してしまうこともありえます。

また、マウスピースの保管場所や交換日など、自分で決めておかなければならないルールもあります。例えば月曜日の朝に交換するなど決まったルーチンにしてしまえば、交換し忘れたり、マウスピースを紛失したりすることもなくなるのではないでしょうか。

3. 口腔内の衛生状態を良好に保つ

インビザラインに限らず矯正治療中に虫歯や歯周病にかかってしまうと、治療に大きな影響が出てしまいます。症状が重いと矯正治療を中断しなければならなくなるケースもあります。矯正治療中は特に口腔内の衛生状態に気を配るようにしましょう。

インビザライン矯正なら名古屋歯科へ

名古屋歯科ではインビザラインGoに対応しています。相談はもちろん無料で、クリンチェックという3Dシミュレーターによりビフォー・アフターを具体的にイメージしていただけます。費用は検査費を含めて45万円です。デンタルローンも使えるため、月々少ない額のご負担で治療を受けることも可能です。歯並びについてお悩みの方は、お気軽に相談してみてください。

SHARE ON :
  • 平日19時まで
  • 土日診療
  • 新患・急患の
    予約不要
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯科検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • 訪問診療
  • 所在地

    〒467-0016 愛知県名古屋市瑞穂区佐渡町1丁目22-1

  • 駐車場

    16台以上(第一駐車場11台、第二駐車場5台、近隣に契約駐車場あり)

  • アクセス

    名古屋市営地下鉄桜通線「瑞穂区役所駅」
    1番出口徒歩2分

名古屋歯科の診療時間 名古屋歯科の診療時間

土・日は9:00〜13:30/15:00〜17:00