セラミック治療後に噛むと痛い・しみる原因と対処法

更新日:2022.02.28 公開日:2022.02.21

一人ひとりの歯の形や色に合わせて、天然歯のような自然で美しい歯を再現できるセラミック治療は、銀歯が気になる方や金属アレルギーがある方にとってメリットの大きい治療法です。

ただ、人によってはセラミック治療後、噛んだときに歯がしみたり、痛みを感じたりすることがあります。

飲食のたびに痛みや不快感を覚えるのは大きなストレスになるので、セラミック治療後に痛みなどの症状が出た場合は、適切な対処を行うことが大切です。

今回はセラミック治療後に噛むと痛い、しみるなどの症状が起こる原因と主な対処方法について解説します。

セラミック治療後に歯がしみる、痛む原因は複数ある

セラミック治療後に歯がしみたり、痛んだりする原因は一つではなく、複数の要因が考えられます。

ここでは、セラミック治療後に歯がしみる、痛む場合の主な原因を3つご紹介します。

セラミック治療後に歯が染みる・痛む原因

1.神経が過敏になっている

セラミック治療には、歯にかぶせるクラウンと、歯の表面に貼り付けるラミネートベニア、歯に詰め物をするインレーなどの種類があります。

このうち、セラミックインレーは詰め物をするときに歯を削りますが、そのときの刺激が原因で、歯の神経が過敏になってしまうことがあります。

ただ、神経過敏は一時的なものなので、時間の経過と共にだんだん治まってきます。

この場合、特に治療は必要ありませんが、時間が経っても歯がしみる・痛む症状が鎮静化しない場合は、他の原因を疑った方がよいでしょう。

2.神経を残す治療を行った

神経を取り除くと痛みはなくなりますが、そのぶん歯に栄養が行き渡りにくくなるため、歯そのものの寿命が縮んでしまいます。

そのため、歯科医はなるべく神経を除去せずに治療を行いますが、神経が残っていると痛みも感じるため、セラミック治療後にしみたり、痛んだりすることがあります。

3.かみ合わせが悪い

セラミック治療を行う際、かみ合わせを考慮せずに処置されると、反対側の歯にかかる負荷のバランスが崩れて痛みや不快感を覚える原因となります。

なお、かみ合わせはクラウンだけでなく、インレーによって乱れることもあります。

4.2次虫歯が発生した

セラミック治療後は特に問題なかったものの、しばらく時間が経過したら痛む・しむるなどの症状が出てきた場合、2次虫歯が発生している可能性があります。

2次虫歯とは一度治療した歯が再度虫歯になることで、クラウンやインレーのすき間に細菌が入り込んで発症するケースが多いです。

インレーがしっかり取り付けられている場合でも、経年劣化によって欠損が生じ、そこから細菌が入り込むこともあります。

セラミック治療後に歯が痛む・しみる場合の対処法

セラミック治療後に歯が痛い、しみるなどの症状が出た場合の対処法を4つご紹介します。

1.なるべく刺激を避ける

セラミック治療にともない一時的に神経が過敏になっている場合、たいていは時間の経過と共に症状は鎮静化します。

ただ、人によっては2~3日程度症状が続くこともあるので、気になるときは症状が治まるまで硬いものを噛んだり、熱いものや冷たいものを飲食したりするのはなるべく避けるようにしましょう。

2.かみ合わせを調整する

セラミック治療後、しばらくしても歯が痛い、しみるなどの症状が治まらず、かつモノを噛んだときに違和感がある場合は、かみ合わせ不良の可能性があります。

かみ合わせは自分で対処することはできないので歯科医院を受診し、症状を伝えてかみ合わせの調整を行いましょう。

3.2次虫歯の治療を行う

かみ合わせに問題がなく、かつ治療後しばらく経ってから症状が現れた場合は、2次虫歯が生じている可能性があります。

2次虫歯は放っておいても治らずむしろどんどん悪化していくので、気になる症状がある場合は歯科医院を受診し、2次虫歯の治療を行いましょう。

4.神経を除去する

歯が痛い、しみるなどの症状がどうしても治らない場合は、神経を除去するのも一つの方法です。

痛みは神経を通じて感じるものなので、神経を除去すれば、痛い・しみるなどの症状を鎮静化することができます。

ただ、前述のとおり、神経は歯に必要な栄養素を届ける重要な役割を担っているので、安易に神経を除去するのはあまりおすすめできません。

一度除去してしまった神経は元に戻せないので歯科医とも相談し、他に症状を抑える方法はないかどうか模索してから最終的な決断を下した方がよいでしょう。

セラミック治療を行うときは信頼できる歯科医院を選ぼう

セラミック治療を行うと、治療直後あるいは治療してしばらく経った後に、歯が痛い・しみるなどの症状が現れることがあります。

治療にともなう一時的な神経過敏なら問題ありませんが、かみ合わせ不良や2次虫歯の場合は、適切な治療が必要なので早めに歯科医院を受診しましょう。

なお、かみ合わせ不良に関しては、セラミック治療を行う際にきちんと調整すれば症状の発生を軽減させることが可能です。

余計なリスクを回避するためにも、セラミック治療を行うときは信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。

名古屋歯科では、見た目の美しさだけでなく、かみ合わせや口内環境を整えることもしっかり考慮した上でセラミック治療を実施いたします。

使用する素材や治療計画についても、患者様としっかり話し合いながら決定していくので、セラミック治療をお考えの方はぜひ名古屋歯科にご相談ください。

SHARE ON :
  • 平日19時まで
  • 土日診療
  • 新患・急患の
    予約不要
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯科検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • 訪問診療
  • 所在地

    〒467-0016 愛知県名古屋市瑞穂区佐渡町1丁目22-1

  • 駐車場

    16台以上(第一駐車場11台、第二駐車場5台、近隣に契約駐車場あり)

  • アクセス

    名古屋市営地下鉄桜通線「瑞穂区役所駅」
    1番出口徒歩2分

名古屋歯科の診療時間 名古屋歯科の診療時間

土・日は9:00〜13:30/15:00〜17:00