審美歯科で使われる素材の特徴やメリットと注意点とは

更新日:2022.11.11 公開日:2022.11.01

歯を治療するにあたり、「口元をきれいに仕上げたい」とご希望される方も多くなってきました。また身体の中に金属を入れる抵抗感から、メタルフリーを意識される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが、審美歯科です。

審美歯科では、セラミックといった白い素材を使用して歯の治療が可能です。しかし、使用できる歯が限られたり自由診療のため費用が高くなったりと注意点もあります。

本記事では、審美歯科で使用する素材の特徴やメリット、注意点について具体的にご説明します。

審美歯科とは

審美歯科は、健康的で美しい口元を追求するための歯科治療です。美しい歯の条件は、色や形だけではありません。

その方の噛み合わせや口腔内環境、お身体にも配慮しながら、自然な仕上がりになってこそ本当の美しさが叶えられるのです。これから入れるインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)を白い素材で作るのはもちろん、すでに入っているインレーやクラウンを白い素材のものに付け替えることもできます。

自由診療になる素材も多いため治療費は高くなりますが、長期的に考えるとメリットの多い治療です。

代表的なクラウン(被せ物)の種類と素材

クラウンは、進行した虫歯を除去するために歯を大きく削らなければならない場合に使用します。

ここからは、代表的なクラウンを6種類ご説明します。

メタルクラウン

メタルクラウンは、いわゆる「銀歯」と呼ばれているものです。正式には「金銀パラジウム合金」と言い、強度が高いのが大きな特徴です。

歯ぎしりや食いしばりがある方でも、割れる心配がほとんどありません。また保険適応のため、患者様の金銭的な負担を抑えられます。

注意点は、素材のしなやかさがあまりないことです。劣化によってクラウンと天然歯との間に小さな隙間ができてしまい、細菌が侵入して虫歯が再発する恐れもあります。

また金属が溶け出すと、歯や歯茎が黒ずむ可能性もあります。

レジン前装冠

レジン前装冠は、歯の形をした金属のフレームに、歯科用の白いプラスチック(樹脂)が貼り付けてあるクラウンです。見える部分は白い素材になっているため、見た目は目立ちにくくいのが特徴です。

前歯や犬歯に使用する場合は、保険適応になります。

注意点は、表面の素材がプラスッチのため、月日が経つと変色する可能性があることです。最初はきれいに仕上がっていても、やがて見た目が気になるようになる方もいるでしょう。

CAD/CAM冠

CAD/CAM冠は、専用のコンピュータや機械を使って設計・製作するクラウンです。プラスチックとセラミックが混ざったハイブリッドレジンという素材が使用されています。金属を使用しないため、歯茎の変色や金属アレルギーの心配はありません。

注意点はプラスチックが混ざっている素材を使用するため、経年によって変色する可能性があることです。また条件を満たしている場合のみ保険適応になるため、自分自身が該当するかどうかは歯科医師に判断してもらう必要があります。

ゴールドクラウン

ゴールドクラウンは、金合金で作られた自由診療のクラウンです。素材のしなやかさが特徴で、歯との適合性もあります。

天然歯の硬さに近いため噛み合う歯を痛めず、歯茎との境目も黒くなりません。強度が高いため、主に奥歯で使用されています。

注意点は、金色のため目立ちやすいことです。また、金属アレルギーが心配な方は使用できません。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウンは、セラミックの一種であるジルコニアを使用した自由診療のクラウンです。「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほど、強度と耐久性に優れています。

そのため、噛む力が強い方にも向いている素材です。また透明感があるため天然歯に近い色調を再現でき、経年による変色もありません。

注意点は、硬すぎるため噛み合う歯を傷つける可能性があることです。またオールセラミックに比べるとやや透明感が劣るため、前歯には不向きな場合もあります。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、天然の鉱石であるセラミックを使用した自由診療のクラウンです。金属にも劣らない強度があり、天然歯に近い白さと自然な透明感を再現できます。

金属は一切使用しないため、歯茎の変色や金属アレルギーの心配もありません。

注意点は、強い衝撃や噛みしめによって割れる可能性があることです。また強度を保つための厚みが必要になるため、歯を削る量がやや多くなります。

代表的なインレー(詰め物)の種類と素材

インレーは、小さな虫歯を削ったり、歯が少し欠けたりした場合に主に使用されます。

ここからは、代表的なインレーを4種類ご紹介します。

メタルインレー

メタルインレーは、金銀パラジウム合金という素材で作られている保険適応のインレーです。よく「銀歯」と呼ばれています。金属は薄くても強度があるため、セラミックよりも歯を削る量を抑えられるのがメリットです。

ただし、経年劣化すると歯や歯茎が黒ずむ可能性があります。また錆びる可能性があり、虫歯の再発リスクも高いです。

ゴールドインレー

ゴールドインレーは、金合金で作られている自由診療のインレーです。素材にしなやかさがあり、噛み合う歯に負担がかかりにくいのが特徴です。

また錆びにくいため、虫歯の再発リスクも低くなっています。ただし、金属アレルギーの可能性はゼロではありません。

また金色のため、他人から見えやすい歯に使用する場合は目立ちやすくなります。

ジルコニアインレー

ジルコニアインレーは、強度と耐久性に優れた自由診療のインレーです。ジルコニアは「白い金属」と言われるほど丈夫な素材です。自然な色調を表現しやすく、周囲の歯とも馴染みやすくなっています。

また、金属アレルギーの心配もありません。ただし、オールセラミックよりも透明感が少なく、天然歯の透明度によっては色の再現が難しい場合もあります。

セラミックインレー

セラミックインレーは、美しさに優れた自由診療のインレーです。透明度が高く、天然歯とも遜色ない見た目を再現できます。

歯とインレーの境目も目立ちにくく、自然な仕上がりになるのが特徴です。また汚れが付着しにくく、変色しない点もメリットです。

ただし、強度を保つためにある程度の厚みが必要となるため、金属を使用したインレーに比べると歯を削る量がやや多くなります。

素材を決める際の注意点

素材を決める際には、素材の特徴と自分自身が重視する点を踏まえて検討するといいでしょう。

金銭的な負担を抑えたいのであれば、保険適応の素材がおすすめです。しかし、美しく仕上げたり、身体へ悪影響を与えるリスクを回避したりしたいのであれば、金属を使用しない自由診療の素材が向いているでしょう。

治療箇所によっては噛み合わせの関係で割れたり、他の歯を磨耗させたりする恐れもあります。使用したい素材が口の状態に合うかどうかは、担当の歯科医師とも相談してみてください。

まとめ

審美歯科は、噛み合わせや口腔内環境にも気を配りながら、歯やお口元の美しさを追求するための歯科治療です。保険適用で白い歯にできる場合もあれば、天然歯のような色や見た目を細かく再現できる自由診療の素材などさまざまな選択肢があります。

理想とするお口元に近づけたい方や見た目で悩み事がある方は、審美歯科に取り組んでいる歯科医院へ相談してみてください。

SHARE ON :
  • 平日19時まで
  • 土日診療
  • 新患・急患の
    予約不要
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯科検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • 訪問診療
  • 所在地

    〒467-0016 愛知県名古屋市瑞穂区佐渡町1丁目22-1

  • 駐車場

    16台以上(第一駐車場11台、第二駐車場5台、近隣に契約駐車場あり)

  • アクセス

    名古屋市営地下鉄桜通線「瑞穂区役所駅」
    1番出口徒歩2分

名古屋歯科の診療時間 名古屋歯科の診療時間

土・日は9:00〜13:30/15:00〜17:00