ひらい歯科

名古屋屈指のインプラント実績

24時間WEB予約(初診の方のみ)

お問い合わせフォーム

052-851-8241

ひらい歯科スタッフブログ

2017.11.21

噛み合わせチェック方法

 

 

 

 

 

<チェック1>

 

鏡の前に立って口を閉じて

 

上の唇と下の唇を軽く合わせてみましょう。

 

 

この時に唇が閉じないで歯が見えてしまう人や

 

下の唇を上の前歯で咬んでしまう人、

 

上の唇が下の唇で隠れてしまう人は注意が必要です。

 

 

 

 

<チェック2>

 

奥歯でしっかりとかんでみましょう。

 

 

その状態で両方の人差し指を口の中に入れ頬を広げ

 

歯が見えるようにしてみてください。

 

 

この時に上の歯が下の歯よりも外側にある事、

 

上の歯と下の歯の間に隙間が空きすぎない事が大事です。

 

 

部分的でも下の歯が外側にある場合や、

 

舌が見える程隙間がある場合は

 

噛み合わせが悪い可能性があります。

 

(ある程度の隙間があるのは正常な状態です)

 

 

また、上の歯が外側にあっても、

 

下の前歯がほとんど見えない場合や

 

歯並びがでこぼこになっている人、

 

歯と歯の間の隙間が広い人も悪い可能性があります。

 

 

 

 

<チェック3>

 

割り箸を一膳用意してください。

 

 

前歯で割り箸を横に咬んで鏡で見てください。

 

 

この時に割り箸が水平になっているようであれば問題ありません。

 

 

割り箸が傾いてしまうようであれば

 

噛み合わせに問題がある可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

普段あまり意識しない噛み合わせですが、

 

悪い噛み合わせは年齢とともに

 

トラブルが多くなってしまいます。

 

 

 

より美しくより健康で、美味しくいつまでも食事ができるように、

 

今回のチェックで1つでも問題があった方は

 

早めに歯科医院で検査してもらいましょう!!!

 

 

 

 

歯でお困りの際は

 

 へご相談ください!

 

記事一覧へ