インプラント専用設備

FACILITY
インプラント専用のオペ室 インプラント専用のオペ室

最新式CTとインプラント
専用のオペ室を完備。

大学病院クラスの感染症対策を行える滅菌設備と
安全で正確な診断のための最新型CT、
インプラント専用オペ室を完備しています。

インプラント治療は外科的治療のため、細菌やウィルスによる感染のリスクが高くなります。そういったリスクを低減するため、当院では大学病院クラスの感染症対策を行える滅菌設備を備えたインプラント専用オペ室を完備しています。
院長が東京、横浜の大型医療法人で培ったアメリカやヨーロッパを模範とする世界レベルの治療をお届けします。

Facility

インプラント専用オペ室

インプラント専用オペ室

安心と安全をお届けするため、
細菌感染を防ぐ滅菌設備と個室を完備

高圧蒸気滅菌器や超音波洗浄機などの滅菌設備はもちろん、天井に設置した医療用空気清浄機など、インプラント治療を安心・安全に行うための専用個室をご用意しています。

  • 最新式のインプランター

    最新式のインプランターを導入しています。インプラントの手術の際にインプラントを安全に顎の骨に埋め込む為の機械です。

  • 止血しながら切ることができる電気メス

    手や頭の影が手術を妨げないよう、無影灯を設置しています。大きな複数のライトで口腔内全体を均一に照らすことで影ができず、治療部位がはっきり見える状態で手術を行えます。

  • 天井埋め込み型の医療用空気清浄機

    細菌感染のリスクを減らすため、市販の置き型空気清浄機の7~10倍の空気清浄能力がある、天井埋込型の医療用空気清浄機を備えています。

最新式CT

最新式の歯科用CT

最新式の歯科用CTで、
より
安全・確実な
治療を行っています。

安全で正確な診断のための最新型CTを導入しています。CTというのは骨の状態を三次元で検査できる最新設備です。顎骨には神経や血管が通っていて、安全に治療を行うには不可欠な設備です。日本の歯科医院でCTを常備している医院は10%未満と言われていますが、インプラントを頻繁に行っている医院では確実に保有している設備です。最初のカウンセリングから終了後までいつでも撮影が可能です。

  • レントゲン写真

    画像が鮮明なため、的確な診断ができます。

  • レントゲン写真

    3次元で診断できるため、安全性が高くリスクの少ない治療が行えます。

デジタルレントゲンの放射線被爆量(被ばく量)について

デジタルレントゲンの
放射線被爆量(被ばく量)
について

レントゲンから出る放射線の被ばく量を心配されている方もいらっしゃるかと思いますが、実は、歯科治療で使うレントゲンから出る放射線の被ばく量は、微々たるものです。
一般的な生活において、1年間に約2.40mSvの放射線を浴びているといわれています。それにくらべ、歯科治療の放射線量は0.01〜0.03mSv、CT撮影でも0.1mSvとあまり影響のない数値です。
健康に明らかな影響が出る恐れが出る目安は200mSv以上と言われているため、歯科用レントゲンで健康被害が出る可能性はほぼゼロといっても過言ではありません。安心してご利用ください。

インプラント治療TOPへ
名古屋歯科の診療時間 名古屋歯科の診療時間

土・日は9:00〜13:30/15:00〜17:00