入れ歯・ブリッジ(補綴科)

SERVICES

入れ歯・ブリッジ(補綴科)

失った歯を補う治療には主に、取り外し式の「入れ歯(義歯)」、固定式の「ブリッジ」、そして「インプラント」の3つの方法があります。

それぞれの治療にメリットとデメリットがあり、一概にどれがいいと言えるものではありません。
名古屋歯科では特にインプラント治療に力をいれていますが、インプラント治療しか得意ではない歯科医院ではありません。歯科治療の中でもインプラント治療は頂点とされる技術であり、そのためには神経治療や入れ歯の調整においても高い技術を持っているからこそできる治療なのです。
だからこそ、入れ歯やブリッジ治療においても、私たちは質の高い治療を提供することができ、患者様に幅広い選択していただける環境を整えています。

患者様の歯の状況やご本人様のご要望などを多角的に考慮しながら、どの治療方法が患者様にとって最適かを見極めてご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

ABOUT

入れ歯

入れ歯とは、人工の義歯を装着することで歯を失った部分を補う治療方法です。
歯がすべてない場合は総入れ歯、残っている歯を土台にする場合は部分入れ歯による治療となります。

入れ歯はその構造上、どうしても着用時に違和感を感じる場合があります。まったく取り除くことは難しいかもしれませんが、様々な工夫を施すことはできますので、入れ歯の違和感にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリットとは?

<入れ歯のメリット>

  • 短期間で治療を行うことができる
  • 価格を抑えられる(保険適用の入れ歯の場合)

<入れ歯のデメリット>

  • 天然の歯と比較して、噛む力が7割〜8割弱くなる
  • 入れ歯が合わない場合、上手く噛めなかったり、痛みを感じることがある
  • 総入れ歯の場合、口内全体を覆うため、食べ物の味や温度を感じづらくなる
  • 留め具(クラスプ)を掛けた歯に負担がかかり、痛めてしまうおそれがある

名古屋歯科で対応できる保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。
しかし、一方で見た目が不自然さや、装着時の違和感といったデメリットがあります。

  • レジン床義歯

名古屋歯科で対応できる保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用が高額になってしまうというデメリットはありますが、見た目の自然さや装着時の違和感の少なさが大きなメリットとなります。

  • チタン床義歯
  • シリコンの入れ歯
  • ノンクラスプデンチャー

チタン床義歯

入れ歯の床部分、つまり歯茎や上あごに直接当たる部分をチタンで作る義歯です。チタンは人体への親和性が高いため、金属アレルギーが起きることがあまりありません。

また、入れ歯の心配の一つとして挙げられる味の感じにくさについても、優秀です。金属味がほとんどない上、熱もほどほどに感じることができるので、温かさや冷たさを楽しめます。

さらに、軽くて丈夫、汚れにくい金属なので入れ歯を清潔に保つことができるのです。ひいては、口腔内の衛生環境を守りやすいということになります。

シリコンの入れ歯

シリコン製の床を使うタイプの義歯です。粘膜に当たる部分が柔らかいシリコン素材でできているので、肌触りが柔らかく、噛みやすいのが特徴です。よく噛めるので、咬合力の向上にもつながります。

ほかの入れ歯では諦めなければならないような固いものが食べられたり、外れにくくなったりするといったメリットを感じられるでしょう。部分入れ歯としても総入れ歯としても使用することができます。

口の中の型を取って作られ、しっかりとしたフィット感が得られるので、噛むときの横の動きにも強いです。

ノンクラスプデンチャー

この入れ歯の最大の特徴は審美性が高いということです。金属のバネが付いていると、食事や会話の際にほかの人からバネが見えて、入れ歯をしていることがわかってしまいます。

ですが、このタイプの入れ歯は樹脂製で、素材に弾力性があるのが特徴です。その樹脂を自分の歯茎の上にかぶせ、フィットさせて使用するため、バネが必要ありません。

歯茎の色の樹脂に義歯がついており、自分の歯を生かしながら美しい見た目も実現できる入れ歯です。

ブリッジ

ブリッジとは、歯を失った部分の両脇の歯を支えにして、そこに橋(ブリッジ)の様に、一体型の被せ物を装着する治療方法です。

ブリッジのメリット・デメリットとは?

<ブリッジのメリット>

  • 入れ歯と異なり、取りはずし不要
  • 固定されるので、入れ歯の様に動かない
  • 歯を削るのみで治療ができるので、手術が必要ない
  • 価格を抑えられる(保険治療適用のブリッジの場合)

<ブリッジのデメリット>

  • 支えにするために隣の健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなった歯の負担が増え、歯の寿命を損なうおそれがある
  • 削った歯が虫歯や歯周病になる可能性が高くなる
  • 銀歯とプラスチックの素材で作られるので、見た目が悪い(保険治療適用の場合)

名古屋歯科で対応できる保険診療のブリッジ

  • 硬質レジン前装ブリッジ
  • パラジウム(銀歯)クラウンブリッジ

名古屋歯科で対応できる保険外診療のブリッジ

  • メタルボンドクラウンブリッジ(セラミック製)
  • オールセラミッククラウンブリッジ

硬質レジン前装ブリッジ

前歯の欠損歯の治療に使われる方法です。正面から見たときにも色が白くて美しいのですが、耐久性が低いのが難点と言えるでしょう。

また、汚れやすいため、時間が経つと変色したり、裏側部分の金属劣化で歯茎に悪影響を及ぼしたりする可能性があります。

パラジウム(銀歯)クラウンブリッジ

虫歯の治療跡にもよく銀歯をかぶせますが、その銀歯で作るブリッジです。これは主に臼歯の欠損歯治療に用いられます。

しかし、パラジウムで作った義歯は口の中で黒く見えてしまうため、審美的な点で言えば美しい見た目とは言えないでしょう。

また、時間が経つと錆びてしまう可能性があることも難点の一つです。そうなってしまうと、歯や歯茎に悪影響を及ぼすことがありますので、注意が必要となります。

メタルボンドクラウンブリッジ(セラミック製)

こちらも、臼歯の治療に用いる方法です。メタル、つまり金属でできた義歯の外側をセラミックで加工して作ります。

外側はセラミックなので、自分の歯に近い色合いを出すことができますし、変色する恐れも少ない上、汚れが付きにくいのが特徴です。

ただし、極端に強い力を加えてしまうと破損してしまったり、内側の金属が透けて見えてしまったりすることもあります。

オールセラミッククラウンブリッジ

この治療法は、メタルボンドクラウンブリッジをさらにアップグレードしたものと言えるでしょう。メタルボンドでは内側を金属で作っていたのに対し、こちらの方法ではすべてをセラミックで作ります。

その分金額も高くなりますが、歯と歯茎の境目の美しさや歯の透明感といった点で優れており、非常に自然な歯に見せることが可能です。金属を使わないことから、金属アレルギーを持つ人にも優しい施術方法となっています。

FLOW

治療の流れ

1

カウンセリング(ご相談)

カウンセリング(ご相談)

患者様の現在のご状況やご要望、治療に対する不安など細かに伺っていきます。

2

検査・計画

検査・計画

お口の中をチェックし、レントゲン撮影
お口の型取りを行います。検査結果をもとに、現在のお口の状態についてしっかりと説明し、患者様のご要望も加味しながら各方法をご提案いたします。各方法の費用やメリット・デメリット、治療にかかる期間についても丁寧に説明していきますので、気になることや不安に感じていることなど、お気軽にご相談ください。コミュニケーションをしっかりととり、将来のことを一緒に考えていくことで、最適な方法を決定していきます。
疑問や不安に思うことがありましたら、何でもお気軽にご相談ください。

3

治療・入れ歯/ブリッジ 作成

治療・入れ歯/ブリッジ 作成

虫歯や歯周病といった治療が必要な場合は、まずはそれらの治療を行い、口内環境を整えていきます。治療が完了したら、型を採って模型を作り、噛み合わせなどを確認し、歯科技工士と連携して入れ歯を作成していきます。

4

装着・調整

装着・調整

完成した入れ歯/ブリッジ を装着し、細かな調整を行っていきます。痛みや違和感がある場合、気兼ねすることなくおっしゃってください。装着感をしっかりと確かめながらより痛み、違和感のないように整えていきます。

5

メンテナンス・定期検診

メンテナンス・定期検診

定期的なメインテナンスは、入れ歯/ブリッジ を長持ちさせるためには欠かせないものです。クリーニングや虫歯や歯周病のの検診などを行いながら、ブラッシングの方法や食生活へのアドバイスなど、より快適な生活をサポートします。

FAQ

  • 入れ歯やブリッジは、使用中痛みがありますか?

    残っている歯に負担をかける治療です。様々な理由で痛みを伴う可能性は高いです。

  • 入れ歯やブリッジは一度作ったらずっと使えますか?

    入れ歯は何年かに1度のペースで作りなおすことをおすすめします。歯茎が痩せて合っていない状態で使うと様々なトラブルが起きやすくなります。

    ブリッジは比較的何年も使えることが多いですが、長く使うためには定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

  • 平日19時まで
  • 土日診療
  • 新患・急患の
    予約不要
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯科検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • 訪問診療
  • 所在地

    〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通2丁目27-1

  • 駐車場

    10台以上(敷地内5台、近隣に契約駐車場あり)

  • アクセス

    名古屋市営地下鉄桜通線「瑞穂区役所駅」
    1番出口徒歩0分

名古屋歯科の診療時間 名古屋歯科の診療時間

土・日は9:00〜13:30/15:00〜17:00