精密根管治療(マイクロスコープ)

SERVICES

精密根管治療(マイクロスコープ)

強い痛みを伴う重い虫歯の治療で抜歯が必要と言われたことがある方も多いかと思います。抜歯をすると歯列や噛み合わせなどへの影響も考えると大事な歯はなるべく残したいですね。
名古屋歯科では重度の虫歯の場合でも歯を残したまま、歯の神経の除去や細菌感染した神経管の感染除去の治療を行う「精密根管治療」を行っています。

ABOUT

「自分の歯を残したい」そんな気持ちに応える「精密根管治療」

こんなお悩みがある方は、すぐに名古屋歯科へご相談ください。

  • 「抜歯しましょう」と言われた…
  • 「虫歯が大きいため神経を全て取りましょう」と言われた…
  • 根管治療を続けているが、なかなか治らない…
  • 1本でも多く自分の歯を残したい…

こういった方は、できるだけ早く一度ご来院ください。
また、上記以外でも虫歯の治療で違和感を覚えた際は、お気軽にご相談ください。

一般的に行われる根管治療と「精密根管治療」の違い

根管治療とは、深度の深い虫歯への治療法

根管治療とは、深度の深い虫歯への治療法

虫歯が進行して歯の深部にまで到達すると、神経に炎症が広がり、神経をとる根管治療が必要になります。

成功率の低い根管治療?!

成功率の低い根管治療?!

根管治療は歯科治療の中でも難易度が高く成功率の低い治療と言われています。

特に日本で多く行われている保険内での根管治療はマイクロスコープやCTなどの機器ををほぼ使用せず、時間を十分にかけずに行われているため、諸外国と比べても成功率が低いのが現状です。図をみていただければわかるように、日本での治療失敗率は諸外国の治療成功率と同等です。

最近では術後の状態を良好にするため治療の精度を高め、マイクロスコープなどの最新設備や最新技術を使用した精密根管治療を行う歯科医も増えてきており、名古屋歯科でも行っています。

ポイントは細菌の除去率

ポイントは細菌の除去率

虫歯による痛みや腫れの原因は、細菌に感染した歯の神経です。そのため治療のポイントになるのは「細菌の除去率」です。

感染した歯の神経内の細菌は薬などでは除去できないため、道具を使用して一つずつ手作業で除去していきます。一般的な根管治療では除去した細菌は目視によって確認していますが、目視だけではやはり除去率が低いのが現状です。

精密根管治療では、感染した歯の神経がどこにどれだけ存在するのかの確認にマイクロスコープ(高精度顕微鏡)を使用します。日本におけるマイクロスコープの導入率は未だ5%程度と言われています。操作がすべて顕微鏡の中心部に集約され、ほどんど片手で行うことができるため、精度の高い手術・治療が可能です。

さらに精度の高い精密根管治療

世界トップシェア・カールツァイス社のマイクロスコープ(高精度顕微鏡)

世界トップシェア・カールツァイス社のマイクロスコープ(高精度顕微鏡)

前述した、精度の高い治療を可能にするマイクロスコープ(高精度顕微鏡)ですが、名古屋歯科ではドイツのカールツァイス社製「手術顕微鏡 EXTARO 300」を導入しています。カールツァイス社は医療顕微鏡の分野で世界トップシェアを誇り、外科手術で使用される顕微鏡なども製造しています。
EXTARO 300は顕微鏡としての精度はもちろんのこと、アプリを使用して様々な視覚化モードが使用できるため、より効率的な虫歯検出、治療部位の確認が可能です。また、片手で操作ができることや、無線接続で治療中のコミュニケーションも効率化できます。

CTでより多角的な治療を

CTでより多角的な治療を

マイクロスコープで歯の中の細菌状況を確認しますが、CT撮影でさらに歯の内部を立体的・多角的にチェックできます。マイクロスコープでは見えない部分やレントゲンでは確認できなかった歯の水平的な断面図は根管治療に有用な情報が詰まっています。
マイクロスコープ、歯科用CTの両方を使用することによって複雑な根幹を治療でき、今までは確認できなかった感染源に対してもアプローチできるため、根管治療がより確実で効果的なものになります。

無菌環境での治療のために重要なラバーダム

無菌環境での治療のために重要なラバーダム

最新のマイクロスコープやCTでより確実に歯の状況が見えるようになりましたが、根管治療に大事なのはそれだけではありません。「治療中の歯に菌を入れない」「できうる限りの無菌環境で治療を行う」ことが非常に重要です。そのために精密根管治療ではラバーダムという、歯にゴムシートを使用し、口内と治療中の歯の隔離作業が必要です。

ラバーダムは治療する歯を守り、器具や薬品が患者様の口内にこぼれたりすることも防いでくれるため、安全な治療のためには重要な治療法です。

FLOW

治療の流れ

1

はじめてのご来院
初診カウンセリング

はじめてのご来院
初診カウンセリング

現在どのようなことにお困りなのか、どのように改善したいのかを教えていただきます。それが「いつから」「どのような」ものなのか、また、治療に対してどのようなご希望をお持ちなのかについても伺います。
また過去の治療で辛かったこと、不満に思ったことなどがあれば、担当者にお伝えください。充分配慮して治療を進めさせていただきます。
不明な点はどのようなことでも遠慮なくお尋ねください。

2

口腔内検査

口腔内検査

お悩みの症状に合わせて、必要な検査を行います。歯科治療で大切なことは原因を取り除くことです。見た目をきれいに取り繕っても、原因が取り除けていなければすぐに再発してしまいます。そのため、いろいろな角度から検査を行い原因を明確にする必要があります。

3

セカンドカウンセリング

セカンドカウンセリング

検査結果を基に、今後の治療に関して患者様と一緒にプランを立てます。これから行う治療を理解・納得していただけるよう説明をいたします。治療に対する疑問点を解消し、患者様のご要望にお応えできるように、コミュニケーションを大切にしています。分からないことや疑問に思ったことはなんでもご質問ください。

4

治療①
細菌感染している部分を取り除く

治療①
細菌感染している部分を取り除く

虫歯で神経まで感染、または膿が溜まっている場合は感染している部分を除去する治療を行います。専用の器具で今回をきれいに掃除、根管に薬を入れて蓋をし、完全に消毒できるまで繰り返します。

5

治療②
充填剤で埋める

治療②
充填剤で埋める

消毒してきれいになった根管に充填剤を入れて埋めます。CTやレントゲン撮影を行い、きちんと充填剤が入っているかを確認します。

6

治療③
被せ物で封鎖する

治療③
被せ物で封鎖する

土台を作り被せ物の型取りを行い、治療部分に被せれば完全に終了です。

7

終了カウンセリング

終了カウンセリング

治療後「痛いところや違和感がないか」を患者様と確認します。気になるところがあれば、なんでも教えてください。また、その後の定期検診スケジュールや口腔内のメンテナンス方法などを説明し、患者様のお口の中を健康に保つためのサポートを行います。歯が痛くなったら行くのではなく、日頃から定期的に健診を受けるということが、歯の健康のために 非常に大切です。
初診時(術前)と治療完了後(術後)の比較と確認
すべての治療が完了したら、初診時と現在の状態を比較します。どのような変化があったかをご自身に写真を見ていただき、確認をしていただきます。

8

定期検診

定期検診

治療計画書や終了カウンセリングでご説明したスケジュールで定期健診にご来院いただき、治療箇所を含め、お口全体のメンテナンスを行います。
治療が完了したら、年に3~4回の定期検診やクリーニングをお勧めします。現状を維持させ、ご自身の歯を長持ちさせるためにはこの定期検診が重要です。

  • 平日19時まで
  • 土日診療
  • 新患・急患の
    予約不要
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯科検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • 訪問診療
  • 所在地

    〒467-0016 愛知県名古屋市瑞穂区佐渡町1丁目22-1

  • 駐車場

    16台以上(第一駐車場11台、第二駐車場5台、近隣に契約駐車場あり)

  • アクセス

    名古屋市営地下鉄桜通線「瑞穂区役所駅」
    1番出口徒歩2分

名古屋歯科の診療時間 名古屋歯科の診療時間

土・日は9:00〜13:30/15:00〜17:00