名古屋歯科の虫歯治療

SERVICES

虫歯治療

名古屋歯科では、一人ひとりの患者様の気持ちに寄り添うことを大切に、現在の歯の状況を丁寧に説明し、カウンセリングよって伺ったご要望に合わせた治療プランをご提案します。一時的な処置ではなく、再発のリスクをしっかりと考慮した質の高い治療と末長く続く健康的な口内環境づくりを行なっています。

ABOUT

いつまでも健康な歯でいていただきたい。
一生もののご自身の大切な歯を、抜かずに治療を進めたい。

虫歯は早期発見・早期治療が大切です。

「虫歯」と言っても、進行度によって症状や治療法が大きく異なります。
虫歯は放置していれば治る病気ではなく、どんどん症状が進んでしまう歯の病気です。
放置した分だけ歯や歯茎への負担が大きくなり、治療費用や通院回数なども増えしまうことになります。最悪の場合、抜歯となるケースもありますので、なるべる早めのご来院をお待ちしております。

こんなお悩み・症状がある方は、すぐに名古屋歯科へご相談ください。

  • たまに歯に痛みを感じる時がある…
  • ズキズキと歯が痛む…
  • 歯がしみる…
  • 歯ぐきが腫れている…
  • 歯の黒ずみが気になる…
  • 歯に穴が開いてしまった…

こういった方は、できるだけ早く一度ご来院ください。
また、上記以外でも何か歯に違和感がある場合は、お気軽にご相談ください。

名古屋歯科の虫歯治療

患者さまの気持ちに寄り添った無痛治療

患者さまの気持ちに寄り添った無痛治療

行かなくてはと思いつつも足が遠のいてしまうのが歯医者ですよね。
名古屋歯科では、そんな患者様のお気持ちを汲み取りつつ、可能な限り痛みによる不安を解消する無痛治療を行う方針を心がけています。

治療中においても、怖ければ怖いと、痛ければ痛いと我慢せずにお申し付けください。名古屋歯科では患者様とスタッフのコミュニケーションを重要視しています。スタッフとの二人三脚で必ずゴールしましょう。

虫歯治療の進め方へのこだわり

小さな虫歯であればその日のうちに詰めて終わらせることもできますが、大きな虫歯であれば神経の処置が必要となってしまい、通院が長引くこともあります。
レントゲン撮影による所見をもとに丁寧にご説明してからの治療を行なっていきます。

患者様の治療に対する疑問点をしっかり解消してから、ご要望にお応えできるように、治療を進めていきます。わからないことや疑問に思ったことは、お気軽にご質問ください。

また、一度歯を回復させたとしてもしばらくしてまた同じ場所が虫歯になってしまうような質の低い治療はいたしません。痛みを取り除き機能を回復させることだけでなく、根本的な原因を分析し、健康な歯を保っていくことができる治療を行なっていきます。

虫歯の治療

虫歯の原因

虫歯の原因は、細菌です。歯についた食べ物の残りかすなどから糖を分解し、酸を作り出し歯を溶かします。歯の奥深くまで解けるほど影響が及んだ歯には穴が開き、虫歯となります。虫歯は細菌だけでなく、糖分の摂取量などさまざまな要因が合わさってできます。習慣を変えれば、虫歯のリスクを下げることは可能です。

対策として

  • 甘いものを控える
  • 食後にはしっかり歯磨きをする
  • 歯科医院で検診を受ける

などを行うことでしっかりと予防しましょう。

虫歯の進行段階

虫歯の進行段階は、C0・C1・C2・C3・C4の5段階に分類されます。それぞれ虫歯の進行状態が違うため、適した治療方法も異なります。

進行段階

  1. C0(シーオー)段階は、まだ歯に穴が空いていない虫歯の初期段階です。
  2. C1(シーワン)段階は、エナメル質に穴が開いた状態です。しかし穴はエナメル質に留まり、エナメル質の下にある象牙質には、まだ虫歯が届いていません。
  3. C2段階では、C1段階よりもさらに虫歯が進行した状態です。虫歯の穴はエナメル質を進み、象牙質まで到達します。
  4. C3段階の虫歯は、細菌が産生した酸で溶けてできた穴がエナメル質と象牙質を突破し、神経にまで達した状態です。
  5. C4段階になると、歯の形が崩れて大きく欠損します。放置した期間が長いと、歯の根元までなくなってしまうケースもあります。

進行段階のより詳しい内容は「虫歯の進行とそれに合わせた治療方法」の記事で紹介しています。

虫歯の治療方法

虫歯の治療方法の違いを簡単に説明します。

  • 抜髄治療・・・抜髄(ばつずい)治療とは、歯の神経抜く治療方法です。一般に「神経を抜く」と表現される治療方法を指します。
  • 感染根管治療・・・感染根管治療とは、根管に細菌感染が起こってしまった場合の治療方法です。
  • 根管治療・・・根管治療とは、抜髄後の根管を消毒し、充填剤を入れる虫歯の治療方法です。
  • 根管充填・・・根管充填とは、抜髄して根管治療の際に根管へ充填剤を詰めることです。根管の掃除と消毒後、充填剤を根管へ流し込んで穴を埋めます。
  • 支台築造・・・根管充填後は、歯に被せ物をします。しかし、根管治療の際に歯を大きく削っており、C1段階やC2段階のように簡単に被せ物は付けられません。
  • 抜歯・・・根管治療ができないようなC4段階の虫歯では、抜歯(ばっし)します。抜歯とは、歯を神経から除去する治療方法です。

虫歯はC0〜C4の進行段階によって、それぞれ適した治療方法があります。残った歯の状態や神経の痛み具合によって、できる治療方法が異なるためです。詳しい治療方法は「虫歯の進行とそれに合わせた治療方法」の記事で紹介しています。

FLOW

治療の流れ

1

はじめてのご来院
初診カウンセリング

はじめてのご来院
初診カウンセリング

現在どのようなことにお困りなのか、どのように改善したいのかを教えていただきます。それが「いつから」「どのような」ものなのか、また、治療に対してどのようなご希望をお持ちなのかについても伺います。
また過去の治療で辛かったこと、不満に思ったことなどがあれば、担当者にお伝えください。充分配慮して治療を進めさせていただきます。
不明な点はどのようなことでも遠慮なくお尋ねください。

2

口腔内検査

口腔内検査

お悩みの症状に合わせて、必要な検査を行います。歯科治療で大切なことは原因を取り除くことです。見た目をきれいに取り繕っても、原因が取り除けていなければすぐに再発してしまいます。そのため、いろいろな角度から検査を行い原因を明確にする必要があります。

3

セカンドカウンセリング

セカンドカウンセリング

検査結果を基に、今後の治療に関して患者様と一緒にプランを立てます。これから行う治療を理解・納得していただけるよう説明をいたします。治療に対する疑問点を解消し、患者様のご要望にお応えできるように、コミュニケーションを大切にしています。分からないことや疑問に思ったことはなんでもご質問ください。

4

初期治療

初期治療

まずはお口の土台となる骨や歯茎の状態を整えるために、歯周病の治療から始めます。虫歯だけでなく、お口のトラブルを根本から解決するために、歯石除去や歯磨き指導もさせていただきます。不安なことがあれば治療中に担当歯科衛生士にお伝えいただければより詳しいご説明を行います。緊急性の高い痛みを伴う虫歯などがある場合は並行して治療を行い、歯磨きなどの障害になる部分があれば、先に治療や調整を行うこともあります。

5

治療計画の立案

治療計画の立案

歯茎の状態が良くなってきたら、被せ物や詰め物といった治療について考えていきます。歯茎が引き締まった状態で型採りや詰め物の治療を行うことで、より歯にフィットした詰め物・被せ物にすることができます。精密検査や初期治療の結果を確認し、治療計画を立てます。内容をまとめて治療計画書として患者様へご説明いたします。ここでご納得いただければ本格的な治療へと移行します。
患者さま一人ひとりに治療方針や治療方法を説明し、十分に納得いただいてから治療を行います

6

治療開始

治療開始

治療計画書に基づき、患者様のお口を健全な状態にするための本格的な治療を開始します。歯科治療は患者様との共同作業です。不安なところなどがあれば治療中に担当歯科衛生士にお伝えください。より詳しいご説明や治療計画の練り直しを行います。
口腔内の環境が整ったら、虫歯や歯の中の治療、清掃の難しくなった古い被せ物や詰め物をかえる処置など、病状改善のための根本的治療を行います。

7

終了カウンセリング

終了カウンセリング

治療後「痛いところや違和感がないか」を患者様と確認します。気になるところがあれば、なんでも教えてください。また、その後の定期検診スケジュールや口腔内のメンテナンス方法などを説明し、患者様のお口の中を健康に保つためのサポートを行います。歯が痛くなったら行くのではなく、日頃から定期的に健診を受けるということが、歯の健康のために 非常に大切です。
初診時(術前)と治療完了後(術後)の比較と確認
すべての治療が完了したら、初診時と現在の状態を比較します。どのような変化があったかをご自身に写真を見ていただき、確認をしていただきます。

8

定期検診

定期検診

治療計画書や終了カウンセリングでご説明したスケジュールで定期健診にご来院いただき、治療箇所を含め、お口全体のメンテナンスを行います。
治療が完了したら、年に3~4回の定期検診やクリーニングをお勧めします。現状を維持させ、ご自身の歯を長持ちさせるためにはこの定期検診が重要です。

FAQ

  • 治療にかかる時間はどれくらいですか?

    内容によりますが、治療時間は、30分〜60分程度の治療時間となります。
  • 他院で治療中ですが見てもらうことは出来ますか?

    通院中であれ、いつでも自由に病院を選択することができます。逆に病院側が患者を選択することは、基本的にはできない決まりになっています。
  • 抜歯が必要なケースもあるのですか?

    虫歯が骨縁下まで及ぶ歯は、周囲の歯や骨に悪影響を及ぼすのを防ぐために抜歯の適応となります。また、歯根部分が割れてしまってそこに細菌感染が起こった場合は、原則保存不可能です。
  • ラバーダムって本当に必要なの?

    ラバーダムを使用すると、口腔内細菌が多量にある口の中と、治療する歯をゴム製のシートで隔離し、虫歯などによって感染を起こしてしまった部位の細菌を除去、もしくは問題が起こらない量にまで消毒をすることが可能になります。
  • 通常の根管治療と精密根管治療は何が違うの?

    マイクロスコープを使用しない根管治療は、肉眼で治療するため、精度に限界があります。精密根管治療ではマイクロスコープを使用し、肉眼では見えない根管や細部を見ながら治療を行うため、治療成功の確率が高くなります。
  • 虫歯は人にうつりますか?

    虫歯菌の中で最も病原性が強いのはミュータンス菌です。この菌は人の口から口へと感染していきます。中でも母親から乳幼児に感染するケースが多く、生後6ヶ月から3歳ぐらいまでの間がミュータンス菌の感染ピークと言れています。
  • 虫歯を放置するとどうなりますか?

    激しい痛みが出ることがある。ひどい口臭がでる場合がある。神経が壊死して顎の骨に膿が溜まる。歯を抜かなければならない場合もある。
  • 虫歯は治りますか?

    歯医者に行って、虫歯を治療したから、治るかといえば、厳密にいうと治っていません。
歯医者で虫歯を治した場合、歯科材料で失った箇所を置き換えて機能回復をするため、元には戻っていません。
  • 虫歯治療は何回で終わりますか?

    小さな虫歯であれば1回で治療終了となります。しかし、虫歯が大きく、詰め物を技工所で作成する必要がでてくると、治療回数が2~3回に増えます。更に虫歯が進行し、根管治療が必要になると最低でも治療回数が6回以上かかってきます。
  • 虫歯治療が苦手なのですが、痛みをなるべく和らげるような治療法はありますか?

    基本的には治療部位に麻酔をして行います。ご希望の患者様には表面麻酔をしてから針の麻酔をすることも可能です。基本的には麻酔が効いていない状態で治療をすることはありませんが、万が一痛みを感じた場合、担当医に率直にお伝えください。

  • 痛みはないのですが、窪みが少し黒くなっています。受診した方がいいですか?

    すぐに受診されることをおすすめします。
    実際には、虫歯か着色かの判断は難しいところです。検査が必要でしょう。
    ただ、初期の虫歯は痛みがないので放置されることが多いです。早期に発見されれば処置回数、費用を抑えることが可能となります。

  • 詰め物がとれてしまったのですが、どうすればよいですか?

    とれた詰め物を持って受診しましょう。
    とれた原因が、虫歯なのか、接着剤不良なのか、詰め物の変形なのか、判断する必要があります。場合によっては戻すことも可能です。

  • 平日19時まで
  • 土日診療
  • 新患・急患の
    予約不要
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯科検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • 訪問診療
  • 所在地

    〒467-0016 愛知県名古屋市瑞穂区佐渡町1丁目22-1

  • 駐車場

    16台以上(第一駐車場11台、第二駐車場5台、近隣に契約駐車場あり)

  • アクセス

    名古屋市営地下鉄桜通線「瑞穂区役所駅」
    1番出口徒歩2分

名古屋歯科の診療時間 名古屋歯科の診療時間

土・日は9:00〜13:30/15:00〜17:00