ひらい歯科

名古屋屈指のインプラント実績

24時間WEB予約(初診の方のみ)

お問い合わせフォーム

052-851-8241

費用について

インプラントの治療費について

当院のお見積りは、治療費の総額表示(税込)です。

それ以外のCT撮影費やメンテナンス費、保証費などは、一切不要です。

インプラントのトラブルで最も多いのは、治療費用だと思います。
当院では治療内容だけでなく、料金にもご納得いただけるよう、インプラントが必要と感じられた患者様には、
最初に治療計画書(お見積書)をお渡ししております。

当院のインプラント治療費は、インプラントの使用本数と上部構造(上に乗せる被せ物の材質)、
ダミー(インプラントと直接つないでいない歯)の使用本数により、治療費が変わります。

ご不明な点などございましたら、何なりとお聞きください。

上部構造の材質とインプラント・ダミー費用

プラスチック

プラスチックで外側がおおわれた白い被せ物です。
なるべく費用を抑えて、ブリッジや入れ歯から解放されたい方にお勧めです。

※プラスチックは経年変化で色調が黄ばむことがあります。

インプラント30万円 /1本(税込) ダミー1万円 /1本(税込)

ハイブリッドセラミック

プラスチックとセラミックを適量混ぜ合わせ、プラスチックの弱点である「経年劣化」と、
セラミックの弱点である「価格」の両者を抑えた、バランスのよい被せ物です。

インプラント35万円 /1本(税込) ダミー2万円 /1本(税込)

セラミック

セラミックは経年変化でも色褪せせず、
つややかで天然の歯に最も近く見た目のきれいな被せ物です。
また、表面が滑沢で着色汚れや歯垢もつきにくく、
歯ぐきの炎症も起きにくいためメンテナンスの点でも優れています。

インプラント40万円 /1本(税込) ダミー3万円 /1本(税込)

実際の治療費一覧

歯を1本失った方の場合

インプラント1本分の費用がかかります。ダミーは使用しません。 ※費用は全て税込です。

歯を3本失った方の場合

インプラントの使用本数分とダミーの使用本数分の費用がかかります。 ※費用は全て税込です。

歯を12本失った方の場合

インプラントの使用本数分とダミーの使用本数分の費用がかかります。 ※費用は全て税込です。

インプラント治療の相場

インプラント治療は自由診療のため、医療機関によって料金が異なります。
特にインプラントは、高度な技術と環境が求められることもある治療ですので、安ければよいという話ではありませんが、
公的機関の料金規則はひとつの指標として、参考になるとおもいます。

※上記の当院インプラント治療費用は、『ストローマンインプラント』を使用した治療費です。 詳しくは、当院までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先
052-851-8241
(診療時間内にお電話ください)

〈診療時間〉平日9:00〜13:00 / 15:00〜20:00、 土・日10:00〜13:30 /15:00〜17:00

安心の10年保証

インプラントに関する全ての保証が10年間無料です。

当院で治療を行った場合に限り、インプラント処置後10年間という長期保証をお付けいたしております。
10年間、「かける」「割れる」「外れる」など、インプラントに関する全てのトラブルに保証しておりますので、
安心して処置を受けていただけます。 ※下記の無料定期検査を受診していただくことが条件となります。

インプラントは、口の中という過酷な環境下で、機能的、審美的に働いて初めてその価値が発揮されます。
特に口の中には、常に水気があり、細菌が無数に存在し、酸性のもの、アルカリ性のもの、着色性のもの、固い物、ねばつくもの、
様々な物が入ってくる上に、審美性まで要求される。そんな中で毎日使用すれば場合によっては上部構造の一部にかけや割れ、
ゆるみが起こる可能性が出てきます。そんな時、医院に来てもらえれば、装着した歯を外して、修理にだし、
またお口の中に戻す、そういったケアが可能です(かけが小さい場合、その場でざらつきを磨き再装着可能)。

「無料定期検査について」

ちまたで起きているインプラントのトラブルは定期検査を怠った結果であると言っても過言ではありません。
当院では、インプラント治療を受けられた方を対象に、6ヶ月に一度の定期検査を無料で行っております。
また「10年保証の条件」となっておりますので、必ず受診をお願いしております。
健診費用も含み、通院ごとにかかる費用もございません。

検査項目

医療費控除について

インプラント治療は自由診療のため、医療機関によって料金が異なります。
特にインプラントは高度な技術と環境が求められることもある治療ですので、安ければよいという話ではありませんが、
公的機関の料金規則はひとつの指標として参考になると思います。

医療費控除の対象

1年間に医療機関に支払った医療費用の合計金額が200万円までの範囲で、10万円を超える部分

医療費控除の計算方法は、(医療費用の合計マイナス10万円)×所得税率となります。
申告は初めての方でも簡単にできます。
詳細については以下のリンクを参考にしてください。

インプラント治療費の医療費控除について

インプラント治療費も医療費控除の対象になります。
1年間の治療費(他院の治療費も含む)が、10万円を超えた分が医療費控除の対象になります。
税金の還付金は収入により異なります。還付請求は確定申告の時に申告お願いします。
その時には領収証の添付が必要となりますので、大切に保管をお願いします。
詳細につきましては、各管轄の税務署へお問い合わせ下さい。

医療費控除による減税額の目安

例えば、所得が500万円の家庭で、1年間に自費で100万円の医療費がかかった場合
(保険診療やその他の医療費がなかったと仮定)本来は所得税と住民税合わせて控除無しの場合で
¥963,500-ですが、自費治療で100万円の医療費を支払ったので、
医療費控除として計18万円が減税されます。
つまり、100万円の医療費のうち18%分が後に還付又は軽減されます。
言い換えると100万円の自費治療は82万円で受けられる事になります。

デンタルローンのご案内

高額な治療費もデンタルローンで無理せず返済。

当院では、経済的負担が大きい費用の一括払いが不安という方に向けた、月々のわずかなご負担で最適な治療を受けられる
デンタルローンをご用意しております。
デンタルローンでのお支払いでも、医療費控除の対象となりますので、安心してご利用いただけます。
詳しくは、当院までお問い合わせください。

※原則20歳以上で安定収入のある方ならどなたでもご利用いただけますが、ご利用には審査が必要となります。