なんで親知らずって言うの?

公開日:2017.06.21 更新日:2017.06.21

 

 

 

 

 

みなさん『親知らず』は知っていますか?

 

 

 

 

なんとなく、一番奥の歯ということはご存知だと思います。

 

 

 

なぜ知らず』と呼ぶようになったのか、

 

いくつか由来があるようなのでご紹介します!!

 

 

 

 

1、昔の日本人の寿命が短かく、

 

親知らずが生えてくるころには親はすでに亡くなっているから。

 

 

 

2、多くの場合親元を離れてから生え始めるため、

 

親が歯の生え始めを知ることがないから。

 

 

 

3、親知らずは乳歯から生え替わることがないため、

 

乳歯を永久歯の親に見立てて対応する乳歯がない」ことから

 

「親知らず」と呼ぶようになった。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

親知らずのことを、

 

英語では『wisdom tooth(知恵の歯)』と言います。

 

これは、『大人になって物事の分別がつくようになった頃に生える歯』

 

という意味のようです。

 

 

 

 

親知らずでお困りの方は、

 

  にご相談ください!!

 

SHARE ON :
  • 平日19時まで
  • 土日診療
  • 新患・急患の
    予約不要
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯科検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • 訪問診療
  • 所在地

    〒467-0016 愛知県名古屋市瑞穂区佐渡町1丁目22-1

  • 駐車場

    16台以上(第一駐車場11台、第二駐車場5台、近隣に契約駐車場あり)

  • アクセス

    名古屋市営地下鉄桜通線「瑞穂区役所駅」
    1番出口徒歩2分

名古屋歯科の診療時間 名古屋歯科の診療時間

土・日は9:00〜13:30/15:00〜17:00