24時間WEB予約

お問い合わせフォーム

052-851-8241

2020.06.04

インプラントのメリット・デメリットについて

何らかの理由で歯が抜けてしまった場合、治療法にはいくつかの選択肢があります。もっとも分かりやすいのは入れ歯でしょう。一方でブリッジやインプラントなどの治療法を選ぶ人も少なくありません。重要なのはそれぞれの治療法のメリットとデメリットをよく知って、自分で選択する事です。では人気の治療法の一つである、インプラントのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

インプラントのメリット

インプラントのメリット・デメリット

そもそも歯科におけるインプラントとは、顎の骨に人体になじみやすい材料で作られた歯根をを埋め込み、それを土台として人口はを取り付ける治療法です。魅力的なポイントがいくつかあるので、インプラントのメリットを考えてみましょう。

 

健康な歯を削る必要がない

まず重要なポイントは、残っている健康な歯を削らなくて良いという点です。差し歯を取り付ける場合、金具がしっかりとはまるように両隣の歯を削らなければならないことがあります。抜けてしまった歯だけでなく、健康な両隣の歯も削らなければならないので、抵抗を感じる方は少なくありません。その点でインプラントは、他の歯に影響を及ぼすことなく治療することが可能です。インプラントはそれぞれ独立して埋め込まれるため、他の歯の負担を極力減らすことができるのです。

 

入れ歯よりも強く噛める

老齢に伴って歯を失ってしまった場合、多くの方が使用しているのが入れ歯でしょう。入れ歯は比較的安価で、誰でも装着可能であるため人気の治療法の一つですが、しっかり噛むことができないという大きなデメリットがあります。特に総入れ歯の場合、噛む力は大きく低下します。その結果物が噛みにくくなり、食事をするのも苦労することになります。熱いものを食べたり飲んだりしにくくなると感じる方もいます。しかしインプラントであればこうした心配はありません。インプラントでは、なんと自分の歯と同じほど強い力で噛むことができます。ほとんど違和感なく食事もできるので、入れ歯よりも優れた治療法であると言えるでしょう。

 

骨が痩せるのを防げる

インプラントの別のメリットは、顎などの骨が痩せるのを防ぐことができるという点です。歯がなくなって咀嚼しにくくなると、骨が徐々に痩せていきます。入れ歯などによって咀嚼の刺激が顎の骨に伝わりにくくなると、骨が少なくなっていってしまうのです。しかしインプラントであれば歯根を顎の骨に埋め込む施術方法であるため、しっかりと噛むことができ、顎の骨への刺激も与えられます。顎の骨が痩せずにすみ、ずっとしっかりと噛み続けられることでしょう。

 

見た目の良い歯(人工歯)を装着する

インプラントであれば、見た目が良い歯になるというメリットもあります。入れ歯ではどうしても見た目が悪くなってしまいます。部分入れ歯の場合には金属部分が見えてしまいますし、総入れ歯の場合には見た目に違和感があります。しかしインプラントでは、しっかり歯根を固定し、その上から審美性の高い素材、自分の歯に近い色の歯を装着することができるのです。他の人から見ても違和感のない見た目になり、笑ったり話したりするのが苦でなくなるでしょう。

 

インプラントのデメリット

インプラントには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。いざインプラントを選択してから後悔することがないように、インプラントのデメリットについても正確に知っておくようにしましょう。

 

費用がかかる

インプラントのもっとも大きなデメリットは、自由診療であるという事でしょう。つまり健康保険が適用にならず、治療費が高額になる傾向があるという事です。クリニックなどによって異なりますが、インプラント1本あたり30万円ほどが平均的な費用です。複数本のインプラントを考えているのであれば100万円前後の費用がかかることを覚えておく必要があるでしょう。

 

体への負担が大きい

インプラントは手術の一つであるため、体への負担が大きいというのもデメリットの一つです。もちろん麻酔によって施術中に痛みを感じることはありませんが、切開による術後の腫れや痛みは避けることが難しいでしょう。顎の骨に人工的に歯根を埋め込むため、手術後もかなりの期間治療を継続する必要があります。

 

定期的なメンテナンスが必要

インプラントは定期的にメンテナンスしなければなりません。というのも、インプラントは骨とは強く結合しますが、粘膜とは結合しにくいため感染に弱いという特徴があります。放っておくとインプラント周囲炎という歯周病のような病気になることもあります。

 

インプラントのメリット・デメリットをよく理解しよう

インプラントは自分の歯のように強く噛むことができる優れた治療法ですが、治療費などデメリットも存在します。インプラントを選択するかを決めるためには、メリットやデメリットについてしっかり理解しておくことが重要です。医師任せにせず、インプラントについて詳しく知り、自分にとって最善の決定ができるようにしたいものです。

平井健人院長

こちらの記事の監修医師

名古屋歯科

歯科医師 院長 平井健人

コラム記事一覧へ