ひらい歯科

名古屋屈指のインプラント実績

24時間WEB予約(初診の方のみ)

お問い合わせフォーム

052-851-8241

ひらい歯科のインプラントとは

ひらい歯科がインプラントで選ばれる6つの理由

実績があるからこそ出来る腫れにくい安心の治療。
ひらい歯科のインプラントはココが違う!

『ストローマンインプラント』で名古屋市最多、年間600本の症例実績

一般的にインプラント治療は、法律上は歯科医師であれば誰でも
行ってよいことになっていますが、現在、日常的にインプラント治療に
携わり、難症例も含めて多くの経験を積んでいる歯科医師はごくわずかです。

当院の担当医師は、ストローマンインプラント治療年間3000本以上(国内最多)
の実績をもつインプラントセンター『インプラントセンター・八王子』で
集中的に経験を積み、現在ストローマンインプラント年間600本の治療実績があります。
また、専門的にインプラント治療を行っていないと、必要な機器を導入することが
できず、様々な症例に対応できる体制が整えられません。
当院では、インプラント専用のさまざまな機器をそろえ、
インプラント埋入本数が1本から複数、上あご下あごすべて(12本~)、
骨造成術が必要な症例など、多様な患者様のインプラント治療に対応できる
体制を整え、施行しております。

実績と安全性が証明されているストローマンインプラントを使用

インプラントにもさまざまなメーカーがあることをご存知でしょうか?
インプラントは身体の中で生涯使用するものですから、使用するインプラントの製造メーカーへの信頼と実績も非常に大切です。

現在、インプラントメーカーは数百あると言われています。
当院では、その中で最も多くの国で使われており、45年以上の歴史と定評のある世界シェア1位のインプラントメーカーである
スイスの「ストローマンインプラント」を使用しております。

また、商品には取扱説明書があるように、ストローマンインプラントには、様々な問題を回避する為の細分化された
ガイドラインが存在します。

当院では、世界シェア1位のインプラントとガイドライン、そしてこれまでの豊富な治療経験、それらを活かしたインプラント治療を
行うことで、インプラント治療を成功へと導きます。

最新式CTとインプラント専用のオペ室を完備

院長が東京、横浜の大型医療法人で培ったアメリカやヨーロッパを模範とする世界レベルの治療。

大学病院クラスの感染症対策を行える滅菌設備と安全で正確な診断のための最新型CT、インプラント専用オペ室完備。

CTというのは骨の状態を三次元で検査できる最新設備です。
顎骨には神経や血管が通っていて、安全に治療を行うには不可欠な設備です。
日本の歯科医院でCTを常備している医院は10%未満と言われています。
インプラントを頻繁に行っている医院では確実に保有している筈です。
当院でも最新式のCTを完備しておりますので、最初のカウンセリングから
終了後までいつでも撮影が可能です。
また、外科的な治療になりますのでインプラント専用オペ室も重要です。
一般的な治療台ですと、空気中に浮遊している細菌や
ウイルスによる感染のリスクが高くなります。

感染を防ぐ意味でインプラント専用のオペ室は必須です。

清潔な「インプラント専用オペ室」

詳しく見る

インプラント無料相談会を定期的に開催

大きな会場での相談会ではなく、インプラント治療の経験豊富な院長自身が
患者様と1対1でお話させていただきます。
どんな些細な事でもご質問なさってください。

当院は強引に治療を勧めることはいたしません。
検査も含めまして、全て無料です。
他院で治療を断られた方、他メーカーの インプラントでお困りの方も
ぜひ、ご相談ください。

インプラントは素晴らしい治療法ですが、デメリットも存在します。
メリットばかり主張する医院は避けた方が懸命です。

例えばデメリットとして、保険が適応されない為費用が高額になることや、
世界で最短の治療期間であるストローマンインプラントであっても3ヶ月かかること等があります。
当院では、インプラント無料相談会を定期的に行っておりますので、一度ご相談ください。

詳しく見る

トータルの費用でお出しするわかりやすい会計、安心の10年間無料保証

当然の事ですが、治療費の総額を確認しておく必要があります。

例えば1本15万円~のインプラントであっても、検査代や治療の行程で別途費用が
かかることがよくあります。
結果15万円では済まなくなり、1本あたり50万円以上になるケースも多々あります。
また、激安のインプラントを必要より多く埋めることで、総額を高くする院も沢山あります。
一番最初に「総額」をきちんと提示してくれる医院を選ぶべきです。

インプラントは人工物ですので、歯が欠けたり割れたりすることがあります。
そうなってしまった場合、保証がなければ実費となってしまします。極稀にインプラントと骨が上手く結合しないで
抜けてしまう場合があります。
その場合再治療となりますが、保証期間が短ければ費用が発生します。
また1年未満なら20%患者様が負担、2年未満なら40%患者様が負担・・・というような医院もあります。
驚く事に「保証なし」「保証期間3ヶ月」といった医院も実在します。

当院では、安心の10年保証とさせて頂いておりますので、保証期間であれば全て無料となります。

詳しく見る

通院しやすい抜群のアクセス環境

地下鉄桜通線「瑞穂区役所」駅1番出口より、左隣スグの立地条件。

インプラント治療では少し眠くなる麻酔(静脈鎮静法)などを
使用する場合があるため、ご自身の運転ではなく公共交通機関で
通院して頂くことが原則となります。

ご自身の運転でしか通院できない場所、駅やバス停から遠い場所、
公共交通機関が不便な場所にあるクリニックではインプラント治療に
支障が出てしまいます。
当院は、「瑞穂区役所」駅1番出口より徒歩0分の
通院しやすい抜群のアクセス環境です。

詳しく見る

「インプラントの定義」

インプラント治療は、第2の永久歯といわれており、歯を失った部分の歯槽骨(歯を支えている骨)内に
インプラント体(人工歯根)を埋め込み、これに人工歯を取り付けて、失った歯の機能を回復する治療法方法です。

「ブリッジとの比較」

失った歯の両隣の歯を削り、歯の代わりとなる固定式の人工歯で補う治療法です。

ブリッジの特徴

違和感が少なく、保険が適用されるのが最大の特長です(天然の歯に近い審美的な修復をご希望の場合は、自由診療)。
ただし、両隣の健康な歯を削る必要があるため、神経が生きている歯の場合、処置後しみる症状がでる場合があります。
また、本来3歯で受けていた噛む力を2歯で受けるので、支台の歯(削られて繋げられた歯)に必要以上の悪い力がかかり、
やがて支台の歯もダメにしてしまう可能性(平均寿命7年)があります。

「義歯(入れ歯)との比較」

義歯(入れ歯)とは、失った歯の機能を残っている歯を利用して、取り外し可能な人工歯で補う治療法です。

入れ歯(義歯)の特徴

ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効な治療法で、健康な歯を削らずに補うことができます(バネで固定する場合あり)。
また、保険が適応(自由診療の場合もあり)されるだけでなく、簡単に取り外すことや洗浄も可能です。
ただし、ブリッジが持つ問題点に加え、異物感が大きい、食事がしづらいといった問題点があります。